歯科医師

歯科医師(しかいし)は、歯学に基づいて傷病の予防、診断および治療、そして公衆衛生の普及を責務とする医療従事者である。日本において、その職務等に関しては、歯科医師法により規定されています。

日本:歯科医師 アメリカ:dentist、Doctor of Dental Surgery、Doctor of Dental Medicine ドイツ:zahnarzt

米国では歯科医学校を卒業すると、「DDS」「DMD」のどちらかの称号を与えられるが、両者の社会的評価に全く差はない。

日本で最初の(近代)歯科医師と医療制度

1873年に「医制」が発布され、西洋を模範とした医療制度が整えられ始めました。「医制」により、医師になるには、医術開業試験を合格することが求められた。1875年、小幡英之助は第1回目の医術開業試験に「歯科」を専門に試験を申請し合格した。小幡は医籍4号をもって登録されました。これは「歯科を専攻する医師として登録された」ということですが、小幡が西洋歯科医学を専攻した先達であり、「歯科」という語を初めて用いたこともあり、日本で最初の(近代)歯科医師とされています。

1883年、医籍とは別に歯科医籍が作られ、医師と歯科医師とは独立した別個の存在となりました。1906年、法律48号により歯科医師法が制定された。1942年、大戦中の医療体制確立のために、医師法と合わさって国民医療法となったが、歯科医師制度そのものに変化はありませんでした。戦後、国民医療法は、医師法、歯科医師法、医療法(医療機関について規定)にわかれ、現在に至ります。

日本の歯科医師制度

日本において歯科医師は、医師とは別の国家資格になります。歯科医師となるには、歯科医師国家試験に合格しなければならない。時折、医学・医療系分野外の人々が誤解しているが、歯学部を卒業し学士(歯学)の称号を得ただけでは歯科医師になれません。

歯科医師国家試験の受験資格は、原則として大学において歯学の正規の課程を修めて卒業した者および卒業見込みの者(学士(歯学))に与えられます。正規の課程を卒業し、試験に合格し歯科医籍に登録をしたものは厚生労働大臣より歯科医師免許状が与えられ、これにより独立して歯科医業を行うことができます。また通常は、保険医登録も行うことが多い。

さらに医療機関(診療所、病院)の開設者になる(すなわち開業する)には、歯科医師免許取得後1年以上の卒後臨床研修を修了しなければなりません。

                                引用文献:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」

その外

ケアの分類

● Cosmetic Care
● Periodental Care
● Preventive Care
● Orthodontic Care
● Prosthodontic Care

 

スポンサードリンク

キーワード情報ステーション】  【梅まつり】  【FX入門 初心者失敗】  【FX初心者入門】  【ペーパードライバー教習
ヤフカテ登録狙い!サイト制作のコツ】  【成功は本気度次第? ブログアフィリエイトで稼ぐ】  【箱根温泉 厳選!宿・ホテルなび
伊豆温泉 厳選!宿・ホテルなび】  【便秘 天然オリゴ糖で朝からすっきり生活】 
・ ゴルフで活用! GPSは ゴルフGPS 比較 で選ぼう
・ ゴルフ場の予約なら ゴルフ場予約 比較 で決まり
ハッスルサーバー はMT自動インストールに対応していて、独自ドメインでブログを始めるのにとっても簡単です。
・ レンタルサーバーを借りるなら 格安サーバー ランキング で決めよう! 初心者向け格安サーバーをご紹介してます。
・ 収納家具を買うなら 収納家具SHOP 「収家満足」通販 で検討ください。
彩塾 2期生募集: ネットスキルを磨く女性のためのネット塾 2期生募集は1月31日まで!